I'm a second virgin.

元人見知り・非モテがナンパを通じて成長する記録

MENU

納涼船ナンパ パート2

こんにちは!

 

日曜日に納涼船行ってきたので記録しておきます。

 

最近はナンパ友達が増えてコンビでやる機会も少しずつ増えてきました!

ソロでやったことも数えるほどしかありませんが。。。

 

人のナンパを見ることで、自分に足りないものを勉強できた気がします。

今回の気づきは2点。

 

1つ目は、ウェイ系のナンパになりがちなこと。

正直ウェイ系のナンパが良いのか悪いのかわかってない。でも女の子のキャラクターに合わせてどちらもできた方が良いのかなぁと思った。

女の子がおとなしい子なのにウェイで行っても迷惑がられるし、ウェイ系に誠実な話しても「なんやねんこいつ。つまんな」ってなる。

一緒にいて心地の良い人、もっと話してみたいと思ってもらえるようなナンパがしたい。

 

2つ目は、地蔵癖が抜けないこと。

納涼船という比較的オープンしやすく、ナンパが当たり前の場所でも地蔵してしまう。

コンビ相手がガツガツ行ける人なら一緒になってガツガツ行けるけど、そういう人でないと何もできなくなってしまう。

自分のナンパが他者に依存してしまっている状態なのであんまりよくない気がする。

このままだとソロでの声かけはいつまでたってもできない。

何を恐れているのかわかってないので書き出してみよう。

・ガンシカ

・他人の目

・会話が続くかどうか

・声をかける目的が曖昧

 

こんなところかな。

納涼船ならガンシカ、他人の目はそんなに気にする必要はないはず。

会話を続ける力は正直分からない。続く人もいるし、続かない人もいる。ここの不安は結構大きい気がする。結局話してみないと分からないから勇気の突撃。

目的が曖昧なのは、ちゃんと目的を設定すれば良い。ストリートなら連れ出す店をちゃんと決めておく。納涼船ならLゲ。

 

今気づいたけど、僕がLゲあまり好きじゃないのってラインメンテが苦手だからかもしれない。すぐライン死ぬし。ラインメンテの技術を上げよう。

ラインしててもつまらないんだよなぁ。僕がつまらないと思ってるってことは女の子もそう思ってるってことだよな。特に面白いことをいう必要はないと思うけど、最低限の食いつきを保てるようになろう。

 

後半ごちゃごちゃ書いちゃったけど、ナンパ仲間ができて見える世界が広がりました。

一緒に行ってくださった方々、ありがとうございました!