I'm a second virgin.

元人見知り・非モテがナンパを通じて成長する記録

MENU

友達フォルダ入り

どうも、コーキです。

前回の続きです。久々にこんな惨めな気持ちになった。

kohki-pembroke.hatenablog.com

気持ち落ち込みすぎて気は乗らないけど、この気持ちちゃんと残しておきたいから書く。

前回のラポール形成のおかげか、向こうからのアポ。実際の目的は別にあったけどそれでも2人でだ。少しは気があるんじゃないかと期待してアポに向かう。

 

今回はちゃんとホテルの場所を調べた。店と駅の間、導線は確保した。

いざ待ち合わせ場所でご対面。うん、やっぱり可愛い。石原さとみ似の美人。

 

店に入ってカウンター席に通される。店員さんナイスプレー。

初めはいい感じで話せていた。お互いふざけあって突っ込みあって、共通の趣味の話をして。

で、前回できなかった恋愛トークを入れる。

 

あれ、反応がビミョーじゃない??

いきなりすぎたかもしれない。ここら辺から話があんまり盛り上がらなくなる。

スマホ見る回数が多くなる。しまいには「何か面白い話して」って笑。

明らかにつまらなそうだし、帰りたいオーラめっちゃ出てる泣

ここで嫌われたくないって思っちゃったのがいけなかった。伝家の宝刀、フレンドシップ戦略。

 

オーラに飲み込まれてしまい意気消沈。何もせず、何もできずバイバイ。今自己嫌悪に襲われてる。趣味は合うけど異性としては見られない、所謂友達フォルダに入れられただろう。

 

僕の話ってクソつまらないからいつも人の話を聞いてばっかりだった。でもこれって完全に相手依存で、いくら引き出すのが上手くても中身がなくなってしまったら終わりだ。別に引き出すのがうまいわけではないんだけど。今回は良く話す子だったから場が持っていただけだ。

 

だからアポの回数が増えれば増えるほど「こいつつまんねえな」って思われる。

対策は2つ。

  • 現状0個の話ネタのストックを3個に増やす。
  • 早い段階でセクトラする(準則狙い)

 

あとは相手の可愛さにビビっていた気がする。緊張は全くと言っていいほどしなかった。正直以前の僕だったら女の子と目も合わせられなかったから成長といえば成長だ。

 

ただ付き合ってない女の子とセックスをするという未知の領域に対してはかなりビビっている。オンリーワン中毒かもしれない。ひどいもので、あれだけ頭ではわかったつもりでいたのにいざ可愛い子を目の前にすると頭の中から全部抜けてしまう。

 

頭でわかっていることと実際に行動に移せることって全然違うのね。無意識でできるよにならないと多分行動には移せないんだろうな。

 

次の更新は初声かけのこと書きます。多分明日更新すると思いますので興味があれば目を通して見てください。