I'm a second virgin

元人見知り・非モテがナンパを通じて成長する記録

MENU

ギラつき恐怖症

どうも、コーキです。

 

どれだけ女性とちゃんと話せるようになっても、ホテルに誘うときとギラつくときは尋常でないくらい緊張する。

 

先日、某氏と六本木でコンビストしたときの話。

 

とある方にタワマンパーティに誘われ、お邪魔させていただいた。そこでは女の子と楽しくおしゃべりし、数人とラインを交換したが、連れ出しはできなかった。

 

たまたま帰りの方向が同じだった某氏と即席コンビナンパ。

運良く1声かけでアラツー2人組をhubに連れ出し。

 

1人は少し遊んでるっぽいハーフの子。もう1人は二十歳にしてはとても落ち着いた可愛い感じの子(以降Aちゃんと呼ぶ)。

 

ハーフを某氏が担当し、僕はAちゃんを担当した。

 

30分くらい喋り、僕らが変な奴らじゃないってことを認識してもらえたところで、場所を移す。

 

某氏の提案により、溜池山王のインターコンチネンタルの中にあるバーへタクシーで移動。

ミックスバーアンドラウンジ[MIXX バー&ラウンジ/ANAインターコンチネンタルホテル東京]|溜池山王のイタリアンのレストラン予約 - OZmall

 

雰囲気良すぎてビビる。

 

某氏がいつも通りハーフ子にボディータッチでいちゃつきながら徐々に仕上げていく。

僕はそういうやり方が苦手なので、某氏のポンコツ行動にツッコミを入れながら、Aちゃんと価値観トーク

 

一杯飲み終わったと同時に、某氏はハーフ子と一緒に帰宅。なんで自然な感じでそんなことできるんだろうと不思議に思う。(その後即ったという連絡がきました)

 

Aちゃんはお酒が強く、カクテルはジュースと言い張るほど。

「ワイン飲めば酔えるかも」と言っていたので、2人でワインを注文。(今思うと脈ありサイン)

 

ワインを飲みながらお喋り。普段僕は聞く側に徹するのだが、今回はほとんど僕が喋っていた。

というのも、Aちゃんは話を聞き出すのが上手で、気持ちよく喋らせる能力がとても高い。

だから、ふとした時に僕がAちゃんに質問すると一瞬ハッとした表情になる。おそらく普段聞き役だから、自分のこと喋るのはあまり得意じゃないのかなと推測。

 

コ「Aちゃん話聞くのうますぎて調子狂う。俺普段こんな喋らないよw」

A「友達と話すときも聞くことが多いので、今質問されてびっくりしました笑」

 

こんな感じでちょっとずつお互いを知っていく時間が、僕はたまらなく好きだ。

 

そんな話をしていると閉店の時間に。時刻はすでに2:00。2人とも終電はない。

会計を済まし、エレベーターで下に降りて外に出る。

 

さて、ここからどうしようか。

 

ずっと真面目な話しかしてないのに、ここでチャラい感じを出すのも気持ち悪い。でもAちゃんも行く当てはない。

 

コ「うち、ここからタクシーで15分くらいだから、寝るだけなら来てもいいよ。でも、もし俺のことまだ信用できてないなら1人で帰るし、判断は任せる」

 

勇気を出して誘ってみた。

 

A「ううん。コーキさんのことはもう信用してる。迷惑じゃなかったらお邪魔していい?」

 

家打診クリア。

 

タクシーで15分とか適当なこと言ってしまったが、今調べたら24分だった。まあお互い酔ってるから気にしないよね。

 

タクシー内でも物理的距離は詰められず、コールドリーディングでAちゃんの性格を当てる。

 

「落ち着いてるから同年代と話合わなそうだよね」

「あんま人に心許すタイプじゃないよね」

 

結構刺さった。僕のコールドリーディングは結構当たる。テクニックとして使っているわけではなく、本人の喋り方や仕草から感情・行動特性を把握しているので、コールドリーディングに見せかけてた、ただの人間観察だ。

 

Aちゃんを家に上げる。この部屋に女の子を連れ込むのは初めてだし、そもそも女の子と密室で2人になるの自体久々すぎて、言動が気持ち悪くならないようにするので精一杯。

 

コ「お酒あるけどもういらないよね?水置いとくね」

A「ありがと」

 

ソファーに座って話す。酔ってて何話したか覚えてない。

 

ギラつくタイミングが全くわからず、とりあえずシャワーを浴びる。僕がお風呂から上がると、Aちゃんは僕が用意した服に着替えていた。なんか付き合ってるみたいだなぁと気持ち悪いこと想像した。

 

Aちゃんにシャワーを勧めたけど、大丈夫って。でもお化粧は落とした方がいいかなと思って、コンビニでクレンジング剤を買ってきた。

 

すっぴんは多少顔つきが幼くなったけど、可愛かった。

 

僕はベッドで、Aちゃんはソファーでゴロゴロ。このとき時刻は3:30。

 

A「明るくない?電気全部消そうよ」

 

今思うとAちゃんもそういう気分だったのかな。

でもこの時の僕は単純に明るいと寝れない子なのかなと、察しが悪すぎる思考回路をしていた。

 

 

電気を消す。

 

 

 

 

 

それぞれ布団に入る。

 

 

 

 

 

 

就寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときの自分を殴りたい。

 

ほんのちょっと勇気出すだけなのに、それがいつもできない。誰か助けて。

 

 

 

 

で、朝。

目を冷ますとスマホをいじるAちゃん。

 

 

「よく女の子連れ込むの?」

「結構遊んでるの?」

 

突然の質問責め。意図がわからなかった。

 

ここでなぜか、いけるんじゃないかって思ってしまい、巻き返しを測る僕。

腕を軽く持って「ちゅーしよ」って。

 

 

拒否。

 

 

早々に諦める。

 

 

 

A「もう帰ろっかな」

コ「OK。駅まで送るね」

 

 

家を出て、駅まで一緒に行く。

 

といっても最寄りが3分なのでちょっと喋ってバイバイ。

 

 

 

その後激しく後悔した。

 

 

 

今日1日、ずっとAちゃんのことを後悔して何もやる気が出ず。

 

ダンスやっても、飯食っても、プログラミングやっても、どこか上の空。

 

でもブログ書いたら頭整理できて少し落ち着いてきた。

 

 

過ぎてしまったものはしょうがない。非モテがここまで来れたんだっていう成長を実感しつつ、失敗を次回に活かせるように頑張ろう。

 

 

 

セカンド童貞卒業はいつになるのやら。

 

3連アポ結果報告(3/3)

コーキです

 

怒涛の3連アポ最終戦

 

 

僕みたいな非モテコミュ障が、まさか週に3人の女の子とデートできるようになるとは夢にも思ってなかった

 

今週はお金も時間も使ったけど、少しは成長できたんじゃないかと思う

 

今回のデート相手は、4ヶ月前にぴんくさん@naoya10203とのコンビで番ゲした子です

 



よくライン続いたなとも思うし、よくご飯の誘いOK してくれたなとも思います



おそらくニッチな分野でお互いの趣味が合致したので、そのおかげで死番せずに済んだんじゃないかなと

もしかしたらすでに友達フォルダに入ってるかもしれない



仕事終わりに駅にて待ち合わせ。(4ヶ月前だから顔覚えてない)



電話でお互いの場所を確認してうろうろしてたら、なんかそれっぽい人発見



普通におしゃれ系女子やった



店に向かいながら共通の趣味の話で盛り上がる

お互いにあんま趣味について話す相手がいないから、僕としても結構嬉しかった



店に着いて予約してあった個室に案内される

食べログで見たときはソファー席だったんだけど、通された席は普通の対面席だった



女の子のコミュニケーション能力が高く、会話の主導権はにぎられっぱなし

そのため恋愛トークはほとんどできず、仕事と趣味の話で普通に会話を楽しんでしまった。



席の時間になったので会計を済まして外へ



こんな状況でセクトラなんかできるはずもなく、普通に普通に解散の流れに。

(後々になって、2軒目誘えばよかったなーと後悔)

女の子も楽しんでくれたし、まあよかったかな



いずれは体も喜ばせてあげられるように努力します



「またご飯行きましょ」ってラインがきたので、次回のデートではちゃんと恋愛トークを挟んで、スムーズな流れでセクトラしていきたいと思います

 



最終目標は、精神的にも肉体的にも女の子を幸せにすること



ただそれだけ

3連アポ結果報告(2/3)

どうも、コーキです。



昨日のアポの振り返りをしていきたいと思います。

 

今回アポ取れた子は、ナンパは関係なく普通に飲み会で知り合った子です。

ほんわかした感じの僕好みの子です。

 

最初会った時からIOIを感じていたので、二人で飲みに行くのは大丈夫かなーって感じでした。

 

女の子が日本酒好きだということで、選んだお店は日本酒の飲み比べができるところ。

そして店の裏にはラブホw

もう最高の立地条件ww

 

当初の計画では2時間ぐらい飲んで、その後ホテル誘おうかなと思っていたのですが、 話すのに夢中になってしまい、結果的に4時間ぐらい飲んでました。



くだらない冗談を言い合ったり、少し真面目な話をしたり、昔と比べて女の子と喋るの上手になったなーってしみじみ思います。



大分話し込んでしまいなんだかんだ閉店の時間までお店にいました。



お店を出たタイミングに「ほら、行くよ」で手つなぎ。

 

ここからが想定外。女の子があまり男慣れしておらず、若干パニクる。

飲んでる時にちゃんと僕が仕上げられなかったのが原因かなーって他の方の意見を聞いて思いました。反省反省。

 

 

ホテルに誘うに誘えず、普通に駅に向かう。

 

気まずさが残らないように必死で話をつなぐ。

 

女の子が乗る方の改札まで送り届けて健全解散。




なかなか難しいですね。 今まで経験してこなかった代償だと思って、一歩ずつ成長していきたいと思います。

 

でも前回はセクトラすらできなかったから、これはこれで成長。



今朝 ラインしたら普通に返ってきたので、まだまだチャンスはあります。

たくさん失敗して、たくさん学んでいきましょう。

行動あるのみ!!

 

すぐオープンする子には注意すべし

どうも、コーキです。

 

昨日のビッグボス講習で考えたことがあったので、ブログに残しておきます。

 

結果から言うと 5人くらいに声かけて、 1連れ出し?です。

なんで「?」が付いているかはあとで説明します。

 

1人目:ガンシカ

2人目:塩

3人目:塩だったけど頑張ってオープンさせて和んだけど、もう一押し足りず改札の中へ

4人目:ガンシカ

5人目:連れ出し?

 

5人目に声をかけた女の子は美術系の専門学生でした。かなりの美人です。

買い物に来ているとのことで、ついて行ってもいいか聞くとOKと言われたので、一緒にお店に入りました。

話すために同じ空間にいるって意味では連れ出したのと同義だとは思うけど、なんかちょっと微妙よね笑

これが「?」をつけた理由です。

 

この女の子、僕が声かけた瞬間から超絶オープンな感じで話を聞いてくれました。

それまでガンシカだったり塩対応をされたりしていたので、つい嬉しくなって色々話してしまいました笑

 

実はこの反応はナンパ論的にあまりよろしくないです。

なぜかと言うと、最初からオープンするということは、それなりに自分に自信があって、ちゃんと嫌なことを嫌と言える人間だからです。

つまり連れ出し打診や番ゲ打診されても、自分が本当にいいと思わなければ「 YES」 の返事をもらえないことを意味しています。

(思い返すと、去年講習中にシーシャに連れ出した女の子も気が強かった気がする)

 

実際、僕がLゲ打診したときもはっきりと断られました。

その代わりインスタを教えてもらいました笑

 

僕的には何か失敗したような気持ちになっていたのですが、そんなことはないんだなとビッグボスさんの言葉で気づかされました。

そもそも街中で声かけた美人と普通に会話ができて、しかもインスタまで教えてもらえている時点で、一般人から見たらかなりレベルの高いことです。

ナンパを始めて、他のナンパ師の方々の情報が色々入ってくるので、結果の基準が高くなっていることに自分では気づけませんでした。

 

今回の学びから、あまり反応がよくない女の子をどうやってオープンさせていくかを今後の課題とします。

今日はこの辺で。

シーシャ連れ出し

更新が滞っておりました笑。

 

どうも、コーキです。

 

最近、ビッグボスさんの講習を受けさせていただいています。

 

理論に基づいた講習をしてくださるので、他の講習生も着々と結果を残してきています。

ちょくちょく講習を開いているので、理論詰めのナンパを学びたい方におすすめです。

twitter.com

 

そんな僕も昨日、講習中に連れ出しに成功しました。

 

やっぱ話しかけるときは緊張するもので、頑張って1人目に声かけするもガンシカ。

 

1人だったらここで心折れて帰っていたでしょう。

弱小メンタル。

 

ビ「じゃあ次はあの子行ってみましょうか」

 

折れ掛けた心をなんとか保ち、2人目に声かけ。

食いつき高めにオープンし、一気にメンタル回復。(我ながら単純すぎて呆れます)

 

以前、講習で教わったラポール形成方法を会話に取り入れ、シラケることなく普通の友達のように会話が進んでいく。

 

予定を聞いてみると、特に何もすることはなく、シーシャで本でも読もうかと思ってたとのことなので、ご一緒させていただく形で連れ出し(というか連れ出された感ある笑)

 

シーシャで1時間くらい会話。

友達の話、仕事の話、恋愛の話。元彼の話はなかなかヘビーだったので、頷くことしかできず。

 

「イケメンに声かけてもらって今日はいい日だー」って笑

これほど承認欲求が満たされる言葉があるだろうか。素直に嬉しかった。

 

会話の途中で、地元が一緒ということが判明。ここで一気にラポール築けた感ある。

 

おしゃべりも尽きることなく、18時過ぎくらいになったので

「軽く飲みに行かない?」

で、一緒にご飯を食べにいく。

 

ここで何がすごいって、僕がトイレ行ってる間にお金払ってくれてた笑

イケメンすぎるでしょ。僕が女だったら惚れてるわ。

 

ご飯中も女の子がたくさん喋ってくれたので、すごく助かった。

女子って喋るのほんと好きなんだなって。

 

僕は普通に相槌打ってただけなのに

「すごい普通に喋れる笑」って言われて、多分周りにいる男は昔の僕みたいな感じなんだろうなぁーと変なところで感情移入。

 

そんなこんなで、時間も気にせず話していたら3時間くらい経った。

女の子がもう帰るということなので、退店。

 

店出たところで、手繋ぎ。受け入れてくれた。

やんわりホテル打診してみたけど、反応あんまりよくなかったから、それ以上は粘らず健全解散。

 

やっぱナンパって夢があるよね。

女の子の知り合いが増えるのはもちろん、男の知り合いが一気に増えた。

 

ナンパに出会えなかったら、多分堕落した生活を送っていたと思う。

 

別に感動的な話にするつもりはないんだけど、素直によかったなーって思います。

 

今年はいろんな出会いがあってとても充実してました。

来年も楽しいことたくさんしよう!

同僚子アポ

どうも。

コーキです。

 

「声をかける」を読んで超絶ブルーになってました。

 

同僚とのアポ、ミスできないっていうプレッシャーが怖かった。

でも思ったより軽い気持ちで話ができて楽しかった。

 

ご飯食べて、バーでお酒飲んで。

 

で、ここからひよった。

周辺はラブホがなかったので、レンタルルームに搬送しようと計画していた。

でもレンタルルームの場所知ってたら、わざわざ調べたんだとか思われそうで、怖くなって誘導できなかった。

 

外歩きながら中途半端にギラついちゃって、変な空気になっちゃうかなって思ってたけど、同僚も結構酔ってたみたいで、楽しそうだったから少し安心。

 

職場でも以前と変わらず接してくれる。むしろ前よりも話しやすい。

気使わせてしまってたら申し訳ないけど、そんな感じでもなさそう。

 

がっつきすぎず、次のチャンスを狙おう。